WiMAXとは?そもそも何?契約する際の注意点は?

WiMAX-kliso

WiMAXとは、山間部や一般の住宅、アパート、又は会社とかで、インターネットの回線を引くのがコストが大きい場合、携帯電話等の電波を利用して、Wi-Fiの回線を引く手段です。最近は、ノートパソコン、タブレット等を、インターネットの設備の無い場所でWi-Fiを使う為に利用されています。

ポケットWi-Fiとは?

ノートPCやタブレットPCを使ってる人は、出先の会社や喫茶店、事業所、車や列車の中などでポケットWi-Fiによってインターネットを使う事ができます。・利用してわかったポケットWi-Fiのメリットやデメリット【メリット】コンビニやいろんなイベントで設置されていますオープンなWi-Fiだと、セキュリティが確保出来ず、それ故にアクセスが限られる場合があります。しかし、ポケットWi-Fiを使うと、セキュリティが確保されるので、自宅や会社と同じようにインターネットをする事ができます。

例えば、パソコンでやるネット対戦ゲームの場合ですと、オープンなWi-Fiではセキュリテイが確保できないので、アクセス出来ない場合があります。しかしポケットWi-Fiですと、普通の会社や家庭でのWi-Fiと同様のセキリティが確保できますので、屋外でも、自宅と同様のゲームが出来るようになります。また、SNSでも、最近のSNSは通信にセキュリティを施していいます。公共のオープンなWi-Fiですと、そのセキュリティが確保できませんので、場合によってはパスワード等が漏洩していしまう可能性があります。

しかしポケットWi-Fiですと、セキュリティを確保した上での通信が行われますので、パスワードを送信した場合でも、情報の漏洩が少ないです。

ポケットWi-Fiのデメリット

通信速度が周囲の電波状況に左右されるので、必ずしも、広告にあるような高速で通信出来るわけではありません。ですから、電波状況の悪いところでポケットWi-Fiを使うと、インターネットがなかなか繋がらずに、イライラさせられる事があります。そのため、ポケットWi-Fi契約の場合には、自分がよく行く場所、地域の電波状況を予め把握しておく事が必要です殆どのポケットWi-Fiのホームページでは、住所を入力すると、その場所でのつかやすさ、通信の快適さを表示してくれますので、それを参考にして契約を決めるとよいでしょう。

会社の提示する電波状況、通信状況が良い地域でも、コンクリートの頑丈な建物や、トンネルに近い建物、また、建築物の地下では、電波が通じない場合があります。そんな場合ではポケットWi-Fiで通信する事ができません。例えば、学校等で、最新の耐震建築として太い鉄骨を建物外枠に施している建物がありますが、そんな場合、外壁のコンクリートと厚みと、鉄骨の厚みによって、電波が遮られ、通信が出来ない場合があります。

また、通信状況のよい場合でも、その地域でポケットWi-Fiを使う人が多い場合ですと、1人あたりの割当出来る電波量が減りますので、通信速度がぐっと減る事があります。ですから、契約する場合には、そのような可能性を考慮する必要があるでしょう。ポケットWi-Fiの契約の際に、契約期間や、契約更新時期以外の解約の際の手数料がかかってくる場合があります。

ですから、予め、契約期間や、契約更新時の対応をパンフレットで確認する事が大切です。ポケットWi-Fiの広告を見ると「通信量〇〇GB」と書かれていますね。つまり、一ヶ月の通信量が〇〇GBを越えると、いきなり通信スピードが下がるというわけです、ですので、通信量が、今、●●GBの余裕があるとかいう確認は必要と言えます。以上の事を考慮して、ポケットWi-Fiを使って快適なインターネットライフを楽しんでください