ポケットWi-Fiには良い点と悪い点がある!違約金は?

ポケットWi-Fiの利用を開始した際のお話になりますが有線の工事ができないエリアに転勤や転勤を繰り返すなどの際、利用をする分にはメリットがあります。転勤を繰り返してそのつど転勤先のマンションにネット回線を轢こうとした場合、そのつど契約と解約を繰り返していたのでは金銭的な面では有線のネット会社の場合デメリットしかないですが、ポケットwifiの会社ならエリアが違う場所でも電波さえ通ればネットが私用できるのでメリットになります。

逆にずっとそのエリアに住み続けるんだったらポケットWi-Fiはどのプロバイダーを選んでもデメリットです。

というのも契約時の違約金が2年間そのポケットWi-Fiの会社を使用し続けないと違約金が発生してその違約金が高いため2年間分の料金を取られてしまうことになるのでずっと使用し続けるのであれば有線と無線のプロバイダを比較した場合、優先のほうがよい場合も多いです。

というのも、有線の強みはネット回線が途切れず安定した速度が出ることが強みでして、ポケットWi-Fiの場合は電波が途切れるとネットも使用できなくなります。その際、電波が途切れてしまう減少が置きやすい場所というのもありまして一つは電波等や送電線などが近くにある場所に引っ越した場合、ネットが繋がり難いです。

この問題は電波を受信する受信機を変更することで解決する場合もあるんですが、私の場合、鉄塔の近くに引っ越した際は繋がらないことのほうが大きく、ポケットWi-Fiのどこでもネットが使うことができていちいち契約をそのつどする必要が無胃という特性があっても、繋がらないんですからデメリットとして捉えました。

他にデメリットとして感じた点は、使用料自体もやはり有線と比べた場合、ネット回線の使用料に応じて速度を制限するなどの制限がポケットWi-Fiの場合はありますので有線と比べると1ヶ月の使用料金もそれほど安くなく、有線とは違い速度の制限が入りやすいためデメリットと感じる点のほうが大きいです。

私の場合、職業を変更したため転勤が多くなりポケットWi-Fiのプロバイダーに変更しただけであって転勤をしてすむ場所が変わらないのであればいちいちプロバイダーをwifiのプロバイダーに変える必要は無いです。また、ポケットWi-Fiのプロバイダーはエリアによっても入る電波の量が変わるのでそういった物を考えた場合でも可能な限り有線の方が良いと思います。

ポケットWi-Fiはメリットとしては契約が簡単な上に住む場所が変わっても電波が届く範囲内なら使用できるという点が最大のメリットなんですけど、電波が届き難い場所や届かない場所だと完全に置物状態になり、ネットで通信することができなくなります。

特に動画なんかが良い例でして動画を見る際、ものすごくデータを通信するのでデータを通信できないと見れないです。もしくは見れてもコマ送りになったりとストリーミング配信の動画なんかだとまともに見ることができないんです。

そういったメリットとデメリットを考えた場合、ポケットWi-Fiを利用することがいいかどうかについては必ずしも良い結果になるとは限らないです。

一応引越しをした際、そのエリアに電波が届いているのかどうかを確認することは出来るんですがあくまで電波が届いているかしか確認できないのでスピードの速さについては保証されていません。

こういった情報はプロバイダーによっても違いがあるので私の場合は電波が届いているということがわかる程度でどの程度の電波が来ているかについては分からなかったです。このように、ポケットWi-Fiには良い点と悪い点があり住むエリアによって電波が変わることが多いので有線の回線には勝てないです。